マンション売却の流れ

仲介と買取
マンションの売却には、仲介と買取の2つの方法があります。
・仲介
 売主と買主の間に仲介業者(不動産屋)に入ってもらうのが仲介です。
 一般的に売却価格×3%+6万円(消費税別途)の仲介手数料がかかります。
 売却価格は買取よりも高くなりますが、買主が見つかるまでの時間がかかり
 ますので、高く売却することを優先する場合はこちらの方法がよいでしょう。
・買取
 業者(不動産屋)などに買い取ってもらうのが買取です。
 仲介手数料はかかりませんが、仲介と比べて売却価格は安くなります。
 早く売却することを優先する場合はこちらの方法がよいでしょう。
・買取
 業者(不動産屋)などに買い取ってもらうのが買取です。
 仲介手数料はかかりませんが、仲介と比べて売却価格は安くなります。
 早く売却することを優先する場合はこちらの方法がよいでしょう。

マンション売却の例(仲介の場合)
1.売却を考える
マンションがどれくらいの価格で売却することができるのかを考えてみる
2.売却費用を調べる
マンションを売却する際には諸費用が必要となります。
売却の際の仲介手数料や売却時の譲渡益にかかる税金等もあります。
3.査定してもらう
信頼できる査定業者にマンションを査定してもらいます。
4.売却を依頼する
査定後、売却することを決まったら、マンション売却を依頼します。
※売却の為の媒介契約を締結。
5.売却活動
売却を依頼した業者に購入者(買主)を探してもらいます。
6.売却の契約をする
売却活動を通じて購入者(買主)が見つかったら、不動産売買契約を結びます。
7.抵当権の抹消・引渡し
購入者(買主)に引渡しを行います。
ローン借り入れのある方は抵当権の抹消などの手続きが必要です。

マンション査定(マンション査定/売却・買い替えの知識)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30121687
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。