中古マンションの見方

中古マンションの見方で大切なポイント
・マンションの価格が予算内であり、相場から見て適当か?
・建築後の年数と管理はどうか?
・管理組合はしっかりとしているか?
・広さや間取りが必要条件を満たしているか?
・内装、設備に問題はないか?
・マンション立地の交通などの利便性はどうか?
・生活関連施設は充実しているか?
・ローンは住宅金融公庫融資が受けられるか?
・マンション立地や公害の問題はないか?
・マンションの基礎や躯体はしっかりしているか?
・アフターサービスはどうか?
中古マンションは、既に他人が使用していますので、マンションの状態が
よく把握できます。
もし、それほど古くもないのに壁面の塗装が剥げかけていたり、亀裂が
入っている場合は要注意です。これはマンションの劣化が早まり、スラム化の
原因にもなります。植え込みの雑草が生え茂っていたりするのは、明らかに
管理不十分です。
マンション全体で少しでもおかしな所があれば、しっかりと調べたり、確認を
しなければなりません。
特にマンションは、管理が命といいますが、中古マンションではそれが物件に
出ています。マンション自体の玄関や廊下、エレベーター、階段などの共有
スペースの清潔さ、電灯の故障、メールボックスの破損、オートロックの有無
は要チェックです。もちろん専有部分の使用状況もしっかりと見なければなり
ません。

マンション査定(マンション査定/売却・買い替えの知識)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。