税金の基礎知識

マンション査定マンション買い替えに関しての重要なポイントについては
述べましたが、住宅の売買に関する基本的な税金の納付についても知って
おいた方がよい点があります。

■マンション(マイホーム)の売買契約には印紙税
 契約というものには、住宅だけでなく、印紙税が必要な税制の仕組みが
 あります。
 マンションの売買でも、契約書にはその金額に応じて印紙税が必要です。
 物件の価格、ローンの抵当権の設定の際に、金銭貸借契約書にローンの
 借り入れ金額に応じた印紙税がかかります。
 印紙税について詳しくは、国税庁のホームページまで。

■登録免許税
 マンション(マイホーム)を取得しただけでは、自分のものであるという
 点で善意の第三者には対抗できません。そこで、前の持ち主からあなたの
 名義に所有権の変更登記をします。これは残金の受け渡しの際に司法書士が
 立ち会っての手続きとなります。
 金額は物件の価格によって異なります。登録免許税の税額表
 この登録免許税は、ローンの借り入れの抵当権設定に関してもかかります。
 その点では、マンション(マイホーム)の購入時に必要な税金は、登録免許
 税が一番高額になることを知っておいてください。

■不動産取得税
 マンションなどの不動産を購入すると、地方税としての不動産取得税が
 かかります。ただし、実際には、住居用の財産取得については、特別控除や
 税の控除がありますので、課税されることはほとんどありません。

■固定資産税
 これも地方税ですが、マンションなどの不動産を取得すると、毎年1月1日
 現在の所有者に対して固定資産税が課税されます。
 マンション(マイホーム)を持っている限り課税されますので、家計の経費
 として計算に入れておきましょう。

マンション査定(マンション査定/売却・買い替えの知識)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31900392
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。