住宅ローン

住宅ローンは大きく分けて、公的ローンと民間ローンの2つに分かれます。

■公的ローン
 公的ローンとは政府系の金融機関や公益法人、公団、自治体などが貸し出す
 もので、金利も低く、長期の返済が可能なので、毎月の返済負担も少なくて
 すみます。
・住宅金融公庫
 公的ローンの中でも最も利用されているローンです。
 一定の条件さえクリアすれば、誰でも利用できます。
・年金住宅融資
 国民年金、厚生年金に3年以上加入している人なら、誰でも利用できます。
 住宅金融公庫より細かい規定がないこともあり、多くの人に利用されて
 います。
・財形住宅融資
 勤務先で財形貯蓄を1年以上続けていて、財形貯蓄の残高が50万円以上
 ある場合に利用できます。
 融資額も大型で利用しやすいというメリットがあります。
・自治体融資
 住んでいる都道府県、市町村が行っている住宅ローンです。
 あまり知られていませんが、融資内容のよいものもあります。

■民間ローン
 民間ローンの代表的なものは銀行の住宅ローンですが、都市銀行、信託銀行
 、地方銀行などがあり、身近で店舗数も多く、大変利用しやすいものとなっ
 ています。金融の自由化以降、独自のサービスを展開し、非常にバラエティ
 が豊かになってきました。信用組合、労働金庫、農協などは、地域に密着し
 たサービスが提供されているので、ローンを検討の際は考慮する価値があり
 ます。また、買い替えローンの場合は、担保の200%まで融資してくれる
 銀行もあります。
 不動産会社が提携している生命保険会社のローンの場合は、マイホーム価格
 の90%までローンを組めるケースもあります。

この中で一番人気があるのが、長期固定型の公庫や年金融資です。

マンション査定(マンション査定/売却・買い替えの知識)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31946176
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。